製品バナー

排出ガス基準Ⅵの大型トラックはなぜ「制限ねじれ」になるのか

ねじれの限界は、排出ガス基準 VI重いトラック、これは、ユーザーに車両の通常の使用を強制し、排出量がOBD制限を超え、10〜36時間を超えても達成されなかった場合に、主要な運転性能制限とも呼ばれる制御ロジックを強制的に増加させる排出量の要件を満たすメーカーです。この問題を解決すると、車両のねじれが制限され、車両の出力が制限され、車両のトルクが 25% 減少します。

写真1

 

実際、排出ガス基準V 大型トラック排気ガスのねじれ処理も基準に達していないが、比較的緩い要件であるため、そのような不具合は少ないが、国内6車種は要件が高いため、制限がかかる現象が見られる。

実際、「限定的なねじれ」の理由は次のとおりです。

1. 反応剤(尿素)の残量が定格容量範囲値より少なく、尿素の品質が基準を満たしていない。

2. EGRバルブが固着して一定時間続く。

3. 改ざん防止検出システム (あらゆる種類の後処理センサー、回路などを含む後処理監視) が故障し、一定時間持続します。


投稿時刻: 2024 年 5 月 8 日